2010年4月アーカイブ

春欄満

4月も17日です。

桜は終わりましたが、いろんな花が、インザガーデンにも咲き誇っています。

一年中で、一番お花の奇麗な季節の到来です。

 

DSC_0001.JPG

DSC_0001.JPG

道路沿いのゲートに黄色のモッコウバラが満開を迎えました。

 

DSC_0002.JPG

DSC_0002.JPG

オールドローズのバフビューティも最初の一輪がさきました。

 

DSC_0003.JPG

DSC_0003.JPG

 

八重咲きのコデマリ

 

DSC_0004.JPG

DSC_0004.JPG

 

ふじは日本的と思われがちですが、イギリスの庭園では定番の花で、古い石作りの建物に、大きな

ふじのつたが絡まり、満開を迎える様は圧巻です。

 

DSC_0006.JPG

DSC_0006.JPG

 

これは、数年前にロンドン市内で、撮った写真です。フェラーリとふじと組合せ。

 

DSCN1854.JPG

DSCN1854.JPG

 

執行茂寿園の事務所前のアンズの木の下には、アジュガの花が咲きました。

日陰にも強い、花です。

 

DSC_0007.JPG

DSC_0007.JPG

 

アメリカヤマボウシ、通称アメリカハナミズキは、ワシントンのポトマック河畔に当時まだ東京が

市だった頃に市長の尾崎行雄が送った桜のお礼として1915年にアメリカから送られてきたもの

で、花弁に見えるのは、総包と呼ばれるものです。

 

DSC_0008.JPG

DSC_0008.JPG

 

ワスレナグサが咲きました。

forget-me-notという名前は、ドイツの悲恋伝説から付けられた名前で、日本名は1905年に植物

学者の川上滝弥に直訳されたものだそうです。

 

DSC_0009.JPG

DSC_0009.JPG

 

鮮やかやモモイロタンポポです。

 

DSC_0010.JPG

DSC_0010.JPG

 

ノムラモミジは、真っ赤な新葉がまぶしいくらいです。

 

DSC_0011.JPG

DSC_0011.JPG

 

同じモミジですが、葉が大きいハウチワカエデです。

 

DSC_0012.JPG

DSC_0012.JPG

 

 

もちろん、ここ、久留米市といえばクルメツツジです。

これは、イマショウジョウです、沢山の種類がありますが、これは天保年間に久留米藩士坂本元蔵

がキリシマツツジやサタツツジを元に品種改良したものです。

この元になったキリシマツツジの原木は、久留米の高良大社の境内に原木林があります。

市の文化財に指定されていますが、弊社にて、管理させて頂いております。

 

 

DSC_0014.JPG

DSC_0014.JPG

 

 

 

新年度の始まり。

| コメント(1)

今日は4月1日、エイプリルフール、そして日本では、平成22年度のスタートです。

当社も、皆様のおかげで新しい年度をスタートできました。

例年、月例会議に変えて、年度末の打ち上げと新年度のスタートを兼ねた宴会を催していますので、

例年通りの懇親会を開きました。

通常は満開の桜の下で、開催するのですが、春の嵐を予想して、久留米市某居酒屋での開催でし

た。案の定の雨嵐のなか、会社に帰りブログを書いています。

私達の仕事で、どう皆様に貢献できるか、社員そして協力業者さん一丸となって努力して参ります。

どうぞ、本年度も宜しく、お願い致します。

FM福岡のパワーコンプレックスでのイオン筑紫野での出店や、福岡マルシェでのエルガーラ出店等

飲食や、衣料等の分野での新しい展開が始まります。

ライフスタイルの多様化に提案できる事業をい展開していきますので、どうぞご期待ください。